岩井屋

壱百年かけて培った伝統と信頼を醸成し、これからの着物文化を創り出す

岩井屋のブログ

呉服屋 岩井屋からお届けするイベント情報や着物情報

月別アーカイブ: 2013年5月

年に一度の『決算大処分』

IMG_0001

コメント: 0 | パーマリンク

単・附け下げ 『撫子・桔梗』

IMG_0432

もうすぐ6月という事で単衣ですね。昨今の温暖化で、地域や気候によっては5月頭くらいから単衣を着る方も増えました。今回は単衣用のお着物を紹介したいと思います。生地は単衣用の「楊柳」になっており、紺色の地で「撫子・桔梗」柄になります。

IMG_0433 IMG_0437

 

コメント: 0 | パーマリンク

『竺仙』のゆかたと帯

001

創業170年老舗メーカー竺仙のゆかたと帯の紹介です。

店内に展示しています。ゆかた(右)は綿の紬になっており独特の風合いがでており、帯(左)は麻の生地を使い絽で織ってあり軽く涼しいのが特徴です。ちょっとしたお出かけ、お食事会などに最適です。 

ゆかた¥28.000  絽・名古屋帯¥78.000

コメント: 0 | パーマリンク

『新粋染』ローケツ染めゆかた

  01011  011

ローケツ染めゆかたを紹介します。ローケツ染めとは熱で溶かしたロウを筆に含ませ綿生地に模様を写し染め抜いたものです。ロウで綿生地に模様を描くことによりロウで模様を描いた部分に染料がのらないので模様の部分が白く染め抜かれます。

ローケツ染めゆかた¥27.000 半幅帯¥21.000 御仕立て代¥10.000

  04411  045

コメント: 0 | パーマリンク

『新粋染』綿紅梅ゆかた

  02922  006

綿紅梅のゆかたを紹介します。「紅梅」とは生地の凸凹を意味する「勾配」から転じた名称と言われ、この凸凹により、生地が肌にはりつかず、さらりとした心地よい着心地を楽しめます。 綿紅梅ゆかた¥29.000 半幅帯¥19.000 御仕立て代¥10.000

コメント: 0 | パーマリンク

男物ゆかた

 男物ゆかたを紹介します。

男性の方も是非、お洒落なゆかたで花火大会などにむけていかがですか。

002  017  028

   ¥21.000         ¥15.750        ¥21.000

 

IMG_0405   IMG_0406   IMG_0407

   ¥15.750          ¥15.750        ¥15.750

御仕立て代¥10.000

コメント: 0 | パーマリンク

『新粋染』絹紅梅ゆかた

   002  003

絹紅梅のゆかたを紹介します。「紅梅」とは生地の凸凹を意味する「勾配」から転じた名称と言われ、この凸凹により、生地が肌にはりつかず、さらりとした心地よい着心地を楽しめます。また絹紅梅は縦糸が綿で横糸が絹で織られているのが特徴で綿紅梅よりも薄く、肌触りがいいです。  

ゆかた絹紅梅¥68.000 半幅帯¥28.500 御仕立て代¥12.000

コメント: 0 | パーマリンク

手組ぞうりとバック

    IMG_0200 IMG_0204

手組ぞうりとバックのご紹介です。今月京都に行き仕入れ先に飾ってあった商品です。手組の帯を織りぞうり、バックに加工するというとても手間とコストのかかった商品です。ぞうりは更に履き心地を重視し真綿を入れ一部の職人しか出来ません。  ぞうり¥84000  バック オープンプライス

コメント: 0 | パーマリンク

5月のふれあい新鮮市10日11日 

 

004 230px-Bansyu-men

5月のふれあい新鮮市の様子です。岩井屋の前では播州ラーメンが売っていました。播州ラーメンは、兵庫県西脇市を中心とした播州地方で作られ食されている醤油ラーメンで、「播州名物」とされているラーメンです。個人的に醤油ラーメンが好きなので3袋買いました。

コメント: 0 | パーマリンク

『観世宗家展』

       IMG_0185 IMG_0186

京都・相国寺承天閣美術館にて「観世宗家展」があり足を運びました。もともと弊社の社長が「能楽」をお稽古しており能装束が展示されている事を聞きましたので寄せて頂きました。展覧会では、世阿弥自筆の『風姿花伝』や八代将軍・足利義政拝領の「萌葱地菱蜻蛉単法被」をはじめ、観世宗家に伝来する貴重な能装束・能面・能楽資料を一堂に公開していました。観世家に所縁のある相国寺にて、時代を超え、受け継がれてきた至宝の数々を拝見させて頂きました。

      IMG_0188 IMG_0189

緑園が綺麗でしたので撮影しました。

コメント: 0 | パーマリンク

このページの先頭に戻る