岩井屋

壱百年かけて培った伝統と信頼を醸成し、これからの着物文化を創り出す

岩井屋のブログ

呉服屋 岩井屋からお届けするイベント情報や着物情報

月別アーカイブ: 2013年7月

着物を着る時期

皆様、着物を着る時期を悩まれる方が多いと思います。四季の中では着物は大きく分けて3つの分野にわかれます。袷、単衣、夏物(絽・紗・羅)となります。従来、袷は10月~5月-単衣は6月9月-薄物は7月8月でした。しかし最近の気候を考えれば、年々温暖化の一途を辿る現在では昔ながらの決まり事だとは無理があります。現在では初夏の暑さなら、単衣を4月下旬から5月、6月にかけて夏物を7月8月、残暑厳しければ9月上旬まで着て頂いたら結構です。単衣に戻りまだ暑ければ10月の中旬まで着て頂けます。

コメント: 0 | パーマリンク

姫路オクトーバーフェスト2013

ドイツビールの祭典オクトーバーフェストが姫路大手前公園で開催しています。毎年ドイツのミュンヘンで開催されるオクトーバーフェスト。そんなドイツビールを日本でも楽しもうと、日本各地で開催されているみたいです。

DSC_0207   DSC_0214

早速現地に行き黄金のピルスナー「ビールの女王」ウ”ァルシュタイナーを頂きました。

DSC_0221

 

平日16時~21時迄ですが晩になってもにぎやかでした。

DSC_0226   DSC_0232

コメント: 0 | パーマリンク

山吹の梅ゼリー『梅琥珀』

少し夏バテ気味な方においしく頂くデザート、山吹の梅ゼリー『梅琥珀』の紹介です。山吹の梅酒ゼリー『梅琥珀』は、焼酎の量より多い梅果実から造った山吹オリジナルの贅沢な梅酒『梅乃原酒』を基に、自社工場内で手造りされている無添加のゼリーと聞いています。

IMG_0629

コメント: 0 | パーマリンク

7月ふれあい新鮮市12日13日

7月のふれあい新鮮市が本日から始まりました。地元のうまいもんが二階町に集合です。梅雨も明け暑さのせいか先月より人が少なかったです。汗をかきながら一生懸命販売されるスタッフの姿が見られました。

IMG_0621 IMG_0622 IMG_0619

コメント: 0 | パーマリンク

梅雨明け

梅雨も明けカラッとした天気になりました。梅雨の間に気付かずお着物にカビが出てそのままの状態でおかれる方がいらっしゃいます。そのままにしておくと繁殖して大変な事になります。梅雨が明けたらお着物を確認してお手入れをお勧めします。

カビ落とし前 左前身 1

日頃、忙しくてお着物に手を入れる事の出来ない方にお勧め商品がこちら。タンスの中に入れて頂く『和服の友』は文庫の大きさになっており切り取りも出来とても便利です。

img_646013_33778746_1 IMG_0625

お着物や絹製品、毛皮や人形まで幅広くお使いいただける乾燥剤「きものの友」に防虫剤がプラスされた、防虫・防カビ乾燥剤の「和服の友」が新発売されました。
IMG_0627


標準有効期限は開封後約1年ですが、直射日光にあてて再生し繰返しご使用いただけます。便利な再生シグナルが付いておりますので吸湿状態が一目で分かります。
定価1,260円(税込)販売価格1,050円(税込)

コメント: 0 | パーマリンク

本場夏結城

皆ご存じでない方もいらっしゃいますが夏物の結城があります。夏物の本場夏結城は、重要無形本場結城紬よりも生産量が少ないことと織り難いことで、価格は重要無形の本場結城の倍近くいたします。
柄の細かさは100亀甲に近いのですが、160亀甲で使うような細い糸を使って織っていますからこの爽やかな透け感が出ます。そのために、とても織り難いですし、麻糸も横糸に織り込むのでその技術は産地の人にも真似できない難しさです。今回紹介するのは無地の本場夏結城です。

002夏結城と言われ安い値段で売られている商品もございますのでご注意下さい。本物の夏結城は下記の表示がしてあります。

001

コメント: 0 | パーマリンク

このページの先頭に戻る