岩井屋

壱百年かけて培った伝統と信頼を醸成し、これからの着物文化を創り出す

岩井屋のブログ

呉服屋 岩井屋からお届けするイベント情報や着物情報

月別アーカイブ: 2014年1月

大黒屋の御鎌餅

dhshop2仕事で京都に足を運びました。ちょっと甘いものを食べたいと思い創業明治35年、現在3代目の亭主になっている大黒屋の御鎌餅に行きました。

DSC_0059まずその場で食べて満足してからお持ち帰りしました。昔ながらのやさしい味。あきのこないの和菓子はついつい口に入りますね。

DSC_0056次の日おうちに帰っても頂きました。

IMG_1327IMG_1329

コメント: 0 | パーマリンク

宮中の節会で用いた儀式花『雲上流』

IMG_1371IMG_1373

 

本日、新年の挨拶でお客様のご自宅へお邪魔させて頂きました。

五節句の一つで人日の飾り付けをされておりました。

中央に飾ってある久寿玉は、雲上流の有職造花です。

雲上流は、平安末期頃、宮中の節会で用いた儀式花に始まったと

される伝統工芸であります。

全てが同じ物が出来ない手作業で出来ており、生糸や羽二重を染め

和紙で裏打ちした生地を裁って出来るのが花弁や葉の原型です。

かつては、御所の造花も任されていた事もあり、とても貴重な飾り

付けを拝見させて頂きました。

IMG_1374

コメント: 0 | パーマリンク

丸太町 十二段家へ

DSC_0134せっかく京都に来たので晩御飯はお茶漬けで有名な丸太町にある『 十二段家』へ行きました。テレビや雑誌で有名でお客さんがいっぱいで入れないと思いましたが、運がよくあいていて良かったです。

DSC_0123ゆったりとした落ち着く空間は歴史を感じましたね。さすが元祖お茶漬けのお店。

DSC_0124私が注文したのは初めにお刺身が出て参りました。新鮮なお刺身でおいしかったです。

DSC_0127次はいよいよご飯・お味噌汁・だし巻き・漬けものが出てきてそのまま召し上がり2杯めからはほうじ茶をかけ、お茶漬けをして楽しむみたいです。DSC_0129

コメント: 0 | パーマリンク

京都へ『染色会』に!

DSC_0090本日京都でいち早く『染色会』に足を運びました。本来、催事の日程は今月14日からでしたが見せて頂きました。2014年新作発表という事で胸も高まりました。小倉淳史・田畑喜八・大村幸太郎先生の作品が展示してあります。

DSC_0092

コメント: 0 | パーマリンク

謹賀新年

IMG_1133

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。4日から営業させて頂いています。もうすぐ成人式という事で振袖を飾りました。振袖は京手描き友禅『藤井寛』先生のプロデユースしたお着物に帯は西陣手織りの袋帯をチョイスしました。

IMG_1134

コメント: 0 | パーマリンク

このページの先頭に戻る