岩井屋

壱百年かけて培った伝統と信頼を醸成し、これからの着物文化を創り出す

岩井屋のブログ

呉服屋 岩井屋からお届けするイベント情報や着物情報

月別アーカイブ: 2015年6月

山田裕子 ガラス展

IMG_0056 IMG_0064 IMG_0067 IMG_0068 IMG_0070 IMG_0072

コメント: 0 | パーマリンク

山田裕子 ガラス展

20150610105612-699本日から山田裕子 ガラス展を開催します。今回は洋風のデザインからモダンなモノを揃えました。どうぞ店内にご覧下さいませ。

コメント: 0 | パーマリンク

二階町ゆかた祭りライブ

IMG_00300二階町商店街のスタッフによるゆかた祭ライブは22日23日で無事終了しました。全員で記念撮影!

IMG_0041こちらは岩井屋のゆかたと二階町商店街「ライオン堂」さんとコラボしてコーディネートしました。ライオン堂さんは別誂えまでしてくれるぼうしの老舗です。

コメント: 0 | パーマリンク

ゆかたまつり2015

IMG_9999本日から始まったゆかたまつり2015!今回は二階町商店が30年ぶりにステージを設けてフラダンスや大道芸、姫路出身の歌手藤野ひろ子をお呼びしておおいに賑わいました。DSC_1035

IMG_9996  IMG_000400

二階町商店街青年部ではゆかた姿でバーを出展いたしました。男のゆかた姿もなかなか粋なものですね。店内で二階町商店街のスタッフと記念写真を撮りました。

IMG_0036

コメント: 0 | パーマリンク

帯留めフェア

IMG_9938

只今帯〆ご購入の方に帯留めをプレゼントいたします。お着物姿に素敵なアクセントをコーディネート力抜群、三分紐を彩り豊かに取り揃えてまいりました。

帯〆¥6000+税(3分紐)                IMG_9940帯〆¥4000+税(3分紐)

コメント: 0 | パーマリンク

ゆかたまつり2015のお知らせ

A3out

コメント: 0 | パーマリンク

宝石、リング入れ 1800円+税


IMG_9946 IMG_9951名物裂でつくった宝石、リング入れの紹介です。名物裂とは、今より六百年ほど前の鎌倉時代より江戸時代にかけて、主に中国から日本に伝わってきた最高級の織物で、これらの裂は宝物のようにされ、大茶人千利休や小堀遠州の名前や、文様からの名前が一品ずつに付けられ、博物館や美術館に大切に伝えられてきたものであります。

コメント: 0 | パーマリンク

年に一度の決算大処分

無題

コメント: 0 | パーマリンク

ゆかたと小物をご紹介

           本染めゆかたの紹介

IMG_0102     IMG_0114

                                                     白地ゆかた『芙蓉』¥20.000+税

IMG_0112    IMG_0113

                                                                                絽地ゆかた『撫子』¥28.000+税

IMG_0109    IMG_0108

                                                                                  ローケツ染め¥27000+税

竹のかごバッグ

IMG_0093

南国のおおらかな竹の外装を活かしながら、使い勝手に差が出る内装を別々に仕上げた竹のかごバッグです。なかに布地のインナーを付けています。バッグ本体はタイの工房で製作していますが、中の布地は日本製です。

 

IMG_0096     IMG_0094

カラフルな色使いが魅力的な竹のバスケットバッグは、南国タイの工房で生まれました。異国育ちとはいえ、着物や浴衣のシーンにも合うように色と形を特注したオリジナルバッグです。竹の素材感が生きるように、軽めの編み方で仕上げました。着物や浴衣といった和のシーンだけでなく、カジュアルな装いでもお使いいただけます。

IMG_0097 IMG_0099   ※商品は南国タイの工房で熟練した職人が丁寧に作っています。日本で作ると高額になるためコスト的にも優れています。仕上り後も日本で検品し一部日本で縫製も行っています。

コメント: 0 | パーマリンク

岩井屋会員登録のお知らせ

岩井屋では会員登録の募集をしております。岩井屋に来店して頂くと、もれなくポイントが加算されます。ポイントが貯まると豪華賞品をプレゼント致します。

image-0001

 

コメント: 0 | パーマリンク

このページの先頭に戻る