岩井屋

壱百年かけて培った伝統と信頼を醸成し、これからの着物文化を創り出す

岩井屋のブログ

呉服屋 岩井屋からお届けするイベント情報や着物情報

カテゴリー別アーカイブ: ゆかた

【ゆうび】ゆかた ベージュ地『蝶に菊』

IMG_3333  IMG_3334

IMG_3335【ゆうび】 ゆかたベージュ地『蝶に菊』 価格:24,000円(税抜き)

コメント: 0 | パーマリンク

【新粋染】紅梅ゆかた 『花柄』

IMG_3337 IMG_3338

IMG_3339【新粋染】 紅梅ゆかた『花柄』価格:30,000円(税抜き)綿100%

コメント: 0 | パーマリンク

【新粋染】紬地ゆかた『蘭』

IMG_3325  IMG_3326

IMG_3331【新粋染】綿紬地ゆかた『蘭』価格:35,000円(税抜き) 綿100%

コメント: 0 | パーマリンク

【竺仙】綿絽ゆかた 『百合』白地

IMG_3323  IMG_3324

IMG_3330【竺仙】綿絽ゆかた 『百合』 価格:35,000円(税抜き)綿100%

コメント: 0 | パーマリンク

【竺仙】紅梅小紋 『菖蒲格子』

IMG_3318 IMG_3321

IMG_3329

【竺仙 】 紅梅小紋 『菖蒲格子』 価格:66,000円(税抜き) 綿100%

コメント: 0 | パーマリンク

絞りのゆかた

IMG_9425白地にグリーンの絞りが入ったゆかた。以前お母様が着られていたのを譲り受け相生ペーロンの花火大会にゆかた姿でご参加されるとのこと。肌着がないので当店おススメの涼しい肌着をご購入して頂き着付けさせて頂きました。

IMG_9428

コメント: 0 | パーマリンク

姫路ゆかたまつりへ

IMG_9422本日は姫路ゆかたまつり!!当店でコーディネート、着付けをさせて頂きました。百合の柄のゆかたに薄紫グラデーション地の帯を…小物は竹のカゴバックをチョイスしました。

コメント: 0 | パーマリンク

ゆかたと小物をご紹介

           本染めゆかたの紹介

IMG_0102     IMG_0114

                                                     白地ゆかた『芙蓉』¥20.000+税

IMG_0112    IMG_0113

                                                                                絽地ゆかた『撫子』¥28.000+税

IMG_0109    IMG_0108

                                                                                  ローケツ染め¥27000+税

竹のかごバッグ

IMG_0093

南国のおおらかな竹の外装を活かしながら、使い勝手に差が出る内装を別々に仕上げた竹のかごバッグです。なかに布地のインナーを付けています。バッグ本体はタイの工房で製作していますが、中の布地は日本製です。

 

IMG_0096     IMG_0094

カラフルな色使いが魅力的な竹のバスケットバッグは、南国タイの工房で生まれました。異国育ちとはいえ、着物や浴衣のシーンにも合うように色と形を特注したオリジナルバッグです。竹の素材感が生きるように、軽めの編み方で仕上げました。着物や浴衣といった和のシーンだけでなく、カジュアルな装いでもお使いいただけます。

IMG_0097 IMG_0099   ※商品は南国タイの工房で熟練した職人が丁寧に作っています。日本で作ると高額になるためコスト的にも優れています。仕上り後も日本で検品し一部日本で縫製も行っています。

コメント: 0 | パーマリンク

2015新作ゆかた

IMG_9124

2015新作ゆかたを展示致しました。今年の岩井屋のテーマは「納涼姿」という事で白地から薄色をメインに品を揃えました。薄色だけど柄と染めはしっかりしています。

IMG_9120

IMG_9138注染ゆかた¥22000+税(左)  注染ゆかた白地¥20000+税(右)

IMG_9121岩井屋オリジナル下駄¥6500+税

コメント: 0 | パーマリンク

ゆかたの帯

033ゆかたにしめる博多帯の紹介です。博多帯の老舗・博多織の西村織物では、文久元年(1861年)創業以来、博多織の伝統を 受け継ぐ老舗店です。竺仙のゆかたと相性がよく雑誌「美しいキモノ」でもよく掲載されています。岩井屋でも昔から取り扱っており今年も新作を仕入れました。  ¥28.000+税

 

下記は「美しいキモノ」の2014夏P261です。

1 IMG_0001

コメント: 0 | パーマリンク

このページの先頭に戻る