岩井屋

壱百年かけて培った伝統と信頼を醸成し、これからの着物文化を創り出す

岩井屋のブログ

呉服屋 岩井屋からお届けするイベント情報や着物情報

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

日頃、岩井屋をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お盆期間中の営業につきましては、下記のとおりです。

8月12日(月曜日)通常営業

8月13日(火曜日)定休日

8月14日(水曜日)休業

8月15日(木曜日)休業

8月16日(金曜日)休業

8月17日(土曜日)通常営業

コメント: 0 | パーマリンク

年末年始の営業のお知らせ

弊社では年末年始を下記のとおり休業とさせて頂きますので

ご案内申し上げます。

休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが

何卒よろしくお願い申し上げます。



年末最終営業日 : 12月27日(木)

年末年始休業期間 : 12月28日(金)~1月3日(木)まで

1月4
日(金)から平常どおり営業いたします。

コメント: 0 | パーマリンク

謹賀新年

IMG_1629

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

4日10時から営業をさせて頂いています。皆様に喜んで頂くために「福袋」をご用意させて頂きました。

    福袋 

三万円  10万円以上の反物とバック

五千円  きものお手入れ券、干支ハンカチ、着物の友(防虫剤)

 

数量限定で販売させて頂いていますのでお早めにお越し下さいませ。

コメント: 0 | パーマリンク

年末年始の営業日のご案内

年末年始の営業日のご案内

師走の候、貴社益々のご盛栄のこととお喜び申し上げます。本年は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
早速ではございますが、
29年12月29日から30年1月3日まで
お休みとさせていただきます。よろしくご了承のほどをお願い致します。本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

コメント: 0 | パーマリンク

秋の染織展のご案内 ■9月14日(木)~16日(日)

yjimage00

秋の染織展を9月14日(木)~16日(日)に開催します。今回は併催としまして「女性染色展」「下井紬展」をさせて頂きます。女性の染色家が手掛ける「色」そして信州紬の織り手の下井佳彦氏が織る「織り」。独自の世界観をご堪能頂けたらと思います。是非ご覧下さいませ。

コメント: 0 | パーマリンク

春のきもの

IMG_0669立秋も過ぎたのですがまだまだ寒い日が続きますね。これから春に向けてふさわしいきものの紹介です。

IMG_0670 IMG_0674
京紫地の桜模様で季節感を演出。胸もとから裾に花びらだけを散らし、いさぎよさが素敵な小紋。春限定の楽しみ方です。白地の袋帯にこちらの小紋を合わせました。IMG_051511只今岩井屋店内にて展示しております。お近くにこられた方は是非ご覧くださいませ。

コメント: 0 | パーマリンク

組紐を使ったペット用品の新ブランド「B.O.W」を取り扱いを始めました

DSC_1248今回、岩井屋が組紐を使ったペット用品の新ブランド「B.O.W」を取り扱いを始めました。呉服屋がこんなモノまで扱っているとはと感じる方もいらっしゃると思いますが、実は小誌でお馴染の老舗メーカー「渡敬」が開発したモノなんです。「渡敬」は1925年(大正14)創業、組織や帯揚げなどの和装小物を扱う京都の老舗メーカーでオリジナルの組織は染めと組み、素材にこだわり、その卓越したセンスで私たちを魅了し続けます。この度、組紐を使ったペット用品の新ブランド「B.O.W」が誕生しました。

DSC_1249鱗模様菱模様、子持ち縞、矢羽根などの日本の伝統模様をポップでキュートな色使いで組んだ組紐リード首輪がラインナップ。職人が一つずつ丁寧に組んだシルク素材なので肌あたりが良くしなやか。今やペットは家族の一員ともいえる大切な存在だからこそ、お気に入りのおしゃれなグッズで日々の暮らしを彩りたいもの。ワンちゃんとお揃いの帯〆を締めてきものでお散歩…なんておしゃれではないでしょうか。

コメント: 0 | パーマリンク

 年末年始の休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。この度、下記日程で年末年始の休業とさせて頂きます。ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
 
 年末年始の休業
 12月30日(金)~1月4日(水)
 
新年は1月5日(木)10:00から営業いたします

コメント: 0 | パーマリンク

七五三のきもの

IMG_995911月15日に子供の成長を祝い健やかな成長を願って氏神や神社にお参りする儀式、七五三のお宮参りですね。医学が発達していなかった江戸時代子供の成長は親としての必死の願いでした。この頃から名称が違えど儀式があり、今日の七五三へと受け継がれています。この大切な節目にこそお洒落なきものを誂えてあげませんか。当店の創意工夫を紹介します。

IMG_9962反物ひとつで被布ときものをお誂えすることができます。同色にすることによってまとまって見え、引き立ちます。

IMG_903100上記の場合きもの代で¥130,000(税抜き)になります。裏地、お仕立て代は別。

コメント: 0 | パーマリンク

五三裳秋の染織展のお知らせ

IMG_01151

コメント: 0 | パーマリンク

このページの先頭に戻る