岩井屋

壱百年かけて培った伝統と信頼を醸成し、これからの着物文化を創り出す

  • HOME
  • 凛と着映える着物「振袖・訪問着・附下」

凛と着映える着物「振袖・訪問着・附下」

最高の舞台に最高の一着、晴れの舞台に日本の伝統美を

日本が誇る最高の伝統美、選び抜かれた究極の着物

現代に至っては加工技術もあがりさまざまな着物が増えました。今までなかったような安価な物から私たち呉服屋が取り扱う高価な着物まで幅広く販売されています。最近では、本来の染の手法を使わずに、インクジェット印刷を利用して、低コストで仕上がった着物が普及しています。
そのような着物業界の中で、残念ながら本物と呼ばれる伝統の着物が減少しています。岩井屋では、着物本来の「染め」の伝統を守り、本物と呼ばれるお着物をご提供し続けたいと思っております。

振袖・訪問着・附下の着物一覧

振袖

未婚の第一礼装です。紋付きが正式ですが、最近では紋を付けずにお召しになるようになりました。
伝統的な民族衣装を身に纏い大人への第一歩…
成人式の記念に振袖を着せてあげたいという願いは現代も変わりません。
歳の初々しい姿が写真の中だけではなく記憶の中に残り続けることでしょう。
色艶やかな振袖は新たな生活へのスタートを華やかに送り出してくれるはずです。

訪問着

準礼装(セミフォーマル)や晴れ着になるお着物です。
お着物の中で一番使う用途の多いのが訪問着のため、数種類お持ちになるお客様が多いです。
お呼ばれの結婚式・お宮参り(七五三)入学式・のお祝い事まで幅広くお使い頂けます。
洋服が多い中、訪問着を颯爽と着こなした女性は、日本の女性独特の気品を醸し出し、周囲の方の印象に残るでしょう。

附下

訪問着の略式のお着物。ちょうど小紋と訪問着の中間的存在です。
訪問着と比べ柄が少なく一番の違いは襟に柄がないものを附下とされていました。
今では附下でも訪問着に近い豪華な柄も増え訪問着としてお召しになられる方もいらっしゃいます。
また、訪問着に比べ価格帯も控えめになっているため、さまざま種類を楽しまれる方もたくさんいらっしゃいます。
「控えめ」「謙虚」は日本独自の美徳。女性の素の美しさを最大限に引き出します。

動画で見れる着物制作工程はこちら

お客様からのお便り

別誂えで納得の着物が出来上がりました

附下げの柄は気にっていたのですが地色を変えてほしかったので岩井屋さんに別誂えをして頂き納得する商品が出来上がり満足しています。
またお茶の稽古をしている私に正座をしてもしわになりにくい着物の提案など参考にさせて頂きました。

予算に合わせた対応で大満足です

予算的に合わなかったのですが、予算に合う商品をすぐに取り寄せて頂きありがとうございました。
岩井屋さんが提携している業者の対応の早さにも驚きました。

お気軽にお問い合わせください

気になるお着物がございましたら、現物をお持ちいたします。
営業エリアは、兵庫、岡山、大阪、京都ですが、その他地域の方もお気軽にご相談ください。

  • ※商品画像はできる限り実物を再現するよう心掛けておりますが、ご利用のモニター、環境等により、
    若干差異が生じる場合がございますので予めご了承ください。
  • ※価格はすべて商品代税込金額となります。

このページの先頭に戻る