岩井屋

壱百年かけて培った伝統と信頼を醸成し、これからの着物文化を創り出す

  • HOME
  • 着物を際立たす気品の逸品「帯・小物」

着物を際立たす気品の逸品「帯・小物」

主役級の帯・小物でさらに美しく

和装を彩る厳選された帯・小物類で貴女らしさを

着物の柄や色の引き立て役だけではありません。
美しい帯や小物の選び方一つで着物の印象を大きく変えます。
岩井屋では、お着物にあわせた最高の一品で、美しい着姿をご提供いたします。

帯・小物の着物一覧

袋帯

袋帯は主に礼装(留袖・色留袖・訪問着・振袖)に合わせる帯で、帯結びを変わり結びや二重太鼓にして用います。
今ではバリエーションが増え留袖・色留袖・訪問着・振袖はもちろん組織や糸質、柄ゆきによってはお洒落着に合わせられます。
ここでは用途を選んでご紹介させて頂きます。

留袖におすすめの帯

松竹梅・鶴亀・宝尽くしなど吉祥文様に金箔・銀箔・金糸・銀糸多く使用されている帯は留袖に合わせるのに適しています。

訪問着におすすめの帯

一般的に訪問着に合わせる帯です。

振袖や訪問着におすすめの帯

若い方向けの華やかな品を揃えました。振袖などに多く使われなかには訪問着でもお使いただけます。

本綴名古屋帯 工芸作家 伊達静

伊達家は元々西陣の織屋の名家で綴帯などを織っていた家です。
父・友禅の型彫り子合友之助の図案をもとに制作していました。

織の名家本綴織は経糸の下に図案(下絵)を挿みこみ、経糸を透かして見ながら
彩糸である緯糸を織っていくという方法で文様を描いていきます。
伊達静が長年の技術とセンスで丁寧に織りあがる本綴織は不思議な風合いがあります。
綴れは格式の高い帯で礼装としてお使いいただけます。

名古屋帯

準礼装からカジュアルまで幅広い範囲をカバーするのが名古屋帯です。
ここで紹介するのは小紋・紬などにお使いいただけます。

帯締め

帯締めは小物の中でも、着姿を美しく完成させる重要な役割をします。
近年の体格に合わせ、標準サイズを160cm(房を除く)しています。
帯締めの房は、糸を撚って加工し、後で付け加える撚房は高度な技術が必要です。
撚りのある糸を房に使う事によってホツレを防ぎ仕上りが美しく傷みにくいことが特徴です。

渡敬 株式会社

帯揚げ

熟練された職人が作業を行います。色を染めるときは、釜の中に入れ煮込み絹を染めます。
擦れても色落ちがしないように試行錯誤した結果、完成度の高い仕上がりになっています。
独自の生地・柄にこだわり、ちりめん地の織物技術が高い丹後の機屋で制作しています。

渡敬 株式会社

和装バッグ

創業以来培われた色や組みの技術サンプルから時代のトレンドに合わせた独自の様々な色を生み出しています。

ぞうり

ぞうりは通常左右は決まっていませんが岩井屋が扱っている商品の中には一部、左右が決まっているものもあります。
通常は中央に鼻緒があり、履くと親指の位置で型崩れがおきます。しかし、左右が決まっている事により、いつまでも美しく履く事ができます。

現在ではお客様の要望によってぞうりの台の厚みをもたし永く履いても疲れない物、高さがほしいという要望から高さのあるぞうりがラインナップされています。


  • 高さ4cm

  • 高さ5cm

  • 高さ6cm

※台のみの高さになります

動画で見れる着物制作工程はこちら

お客様からのお便り

岩井屋さんの帯の数にはビックリしました。優柔不断の私が納得のいく帯が見つかり着物に合わして頂けました。

ぞうりを購入致しました。今までぞうりは安い物しか購入した事がありませんでしたが岩井屋さんの勧めるぞうりは履き心地がよく安定しているためぞうりになれない私でも疲れがさほどありませんでした。

お気軽にお問い合わせください

気になるお着物がございましたら、現物をお持ちいたします。
営業エリアは、兵庫、岡山、大阪、京都ですが、その他地域の方もお気軽にご相談ください。

  • ※商品画像はできる限り実物を再現するよう心掛けておりますが、ご利用のモニター、環境等により、
    若干差異が生じる場合がございますので予めご了承ください。
  • ※価格はすべて商品代税込金額となります。

このページの先頭に戻る